「サービス付き高齢者向け住宅」の立地、質の見直しへ。国交省

国交省は全ての「サービス付き高齢者向け住宅」へアンケート、ヒアリング調査を行い、市町村の介護施策に沿った形での建設を誘導していく。あわせて介護福祉士によるサービスの義務付けや、入居者数に応じた職員数の基準を設ける事を検討している。
2014年9月12日号 ハウジング・トリビューン【ウィークリー】206号

このページの上部へ