建築コスト引き下げ、木造コンビニで100店舗達成。 ミニストップ

ミニストップは認証木材の木造店舗が100店舗に達しました。人と環境に配慮した木造店舗を同社は09年から取り組んでいました。木材を採用する理由はCO2排出量削減、価格変動が激しい鋼材より木材は比較的に安定しているためだ。さらに基礎工事を簡素化出来る為工期短縮にも貢献する。木造は鉄骨比較でコスト10~15%減。工期も10日間減らせる。
2014年11月15日 日刊木造新聞

このページの上部へ